頭がいい人の10個の特徴!優秀で一目置かれる人になるには?


 
世の中には驚くほど頭がいい人っていますよね。

ただ、頭がいいというのは単に偏差値が高いということではないと思います。

いい大学を出ていなくても社会に出て成果をあげる人もいれば、その逆もいます。

このように「単に頭がいい」だけではなく成果を出していける「優秀で本当の意味で頭がいい人」を今回の対象としています。

頭の回転が早かったり面白い発想ができる人。

「この人と肩を並べられる日は果たして来るのか?」と周囲から一目置かれる人。

そこで本記事では、このような「単に頭がいい」だけではなく「本当に頭が良く・優秀な人」の特徴や今すぐはじめられることについて書きました。



頭がいい人の特徴10個

本質を見抜くのが早い

頭がいい人は驚くほど物事の本質を見抜くのが早いです。むしろそこしか見ていないんじゃないかと思うほどに。

これは、日頃からの継続的なインプットやなぜ?と考えるくせによってはじめての状況であっても「このケースは前に関わったあの事例に似ているから同じような方法で解決できるんじゃないか」と瞬間的に考えることができるためです。

頭の中がきちんと整理されており、シンプルな考え方で課題の解決をしていく姿は思わず憧れてしまいますね。

相手の発言をまずは受け止め、的確な質問を投げかける

頭がいい人は、自分がすべてのことを知っているなどとは思っておらず常にインプットを怠りません。

また、相手が発言をしている時は途中で口を挟まずに一度すべて聞き

「そういう考え方もあるね。ただ、僕ならこんな考え方があるけどどう思う」と会話が発展するような問いかけをし、

様々な人の意見やアドバイスに耳を傾けている中でいいものがあれば上手く取り入れていきます。この柔軟さこそがさらに優秀になっていく所以なのです。

また、こういった姿勢は周りから見ると謙虚で素直な人だなっと映り、

学んだことはすぐに実践し、それがいい結果であれそうでなくてもすべて貴重な経験にしていくことで成長をしていきます。

自分に関係なさそうなものに対しても興味が持てる

人は自分に関係のありそうなことには意識が集中するものですが、直接関係がなさそうなことは「はやく終わらないかなー」と考えるものです。

ただ本当に頭がいい人は、好奇心が旺盛なので自分に関係なさそうだと感じることが普通の人より少なく興味を持って聞きます。

会議の場で周りを確認すると驚くほど分かりやすく興味を示している度合いに違いが出るので意識的に見てみてはいかがでしょうか。

どんな話にもついていける

先ほどあげた「自分に関係なさそうなものに対しても興味が持てる 」も関わってくるのですが、普段から自分が好きなこと以外にも友人がおすすめしてくれた本やニュースから多くの知識をインプットしているので大抵の話題についていくことができます。

また、プロの世界のように一つのことを突き詰めていく先に見えるものは抽象化すると似たような体験であることもあります。

そのため、まったく関係のない分野のことであっても「ああ、その経験自分の場合だったらこれに近いかも」と親近感を持って会話に入っていけるのです。

(あわせて読みたい:プロ意識が高い人の特徴と働く上で重要なプロ意識の高め方5選

理解度によって話し方を変える

頭がいい人は、相手の聞き方やその場の目的に応じてどのくらい噛み砕いて話せば良いのかが分かっているものです。

たまに覚えたての横文字を使ったり、簡単に説明できることをわざわざ難しくいう人がいますが、そういった頭がいいと思われたい人とは違います。

簡単に話せるということはそれだけ本質を理解していて自分のものになっている証で、

必要であれば小学生にでも分かる言葉でも話せるのが本当に優秀で頭がいい人なのです。

論理的で思いつきでの発言が少ない

頭がいい人の思考の仕方は非常に論理的です。

何かアイデアを出す時に「こうやったらうまくいくんじゃないか」といったあとに

「なんでそう思ったの?」と聞くと

思いつきの場合はうまく答えられない場合が多いですが、

本当に優秀で頭がいい人は

「これまでの話の流れから本質的に大事なのは〇〇だと考えたかな。だから、この方法ならうまくいくと思った。実現可能性とかインパクトについてはまだまだ甘いと思うからみんなで詰めていけたらありがたい。」

このように自分の思考のプロセスを言うのと、周囲からの助けもいやみなく借りることができる発言ができ、詰まりかけていた議論を前に進めていくことができるので重宝されます。

優先順位をつけて行動

頭がいい人は優先順位をつけて行動をしている人が多いです。

優先順位のつけ方にはいろいろありますが、緊急度と重要性が高いものとその逆にあるものを明確に区別するのがよくあるものですね。

そして、集中できる朝の時間帯に緊急度が高く重要なことを一気に終わらせてそれ以外のことは余裕を持ったスケジュールを組んで進めていきます。

また、自分がこれからどのようなキャリアを歩みたいかもある程度明確になっているのでそれぞれの仕事に対して自分なりの意味づけをして取り組むことで重要度をあげて自分事化することもできるのです。

効率的な方法を生み出す

何事もはじめて経験する時は先輩や上司、時には後輩からやり方を教えてもらいますよね。

そして「この方法の通りにやろう」と忘れないように必死にメモをとります。

ただ、そのやり方は5年前からアップデートされていないかもしれませんし、たいていの場合は少し考えるともっと効率のいいやり方が見つかるものです。

しかし、教えられたことを詰め込む日本型の教育に慣れているとなかなか工夫をしようという気が起きず、

「今までの担当者はこの方法でうまくやってきたんだから大丈夫だろう」

と考え疑う余地はありません。

一方で、優秀で本当に頭がいい人は日々の業務でルーティンワークとなっているものがあれば

「どうやったら早く終わらせて浮いた時間を優先順位が高く創造的なことに充てられるだろうか」と考えます。

そうして、考えを巡らせていると効率的な方法が思いついて

「こうしたら楽なのにどうしてみんな気づかないんだろう」

となり、全体に共有をすると周囲からさらに一目置かれるのです。

基礎・基本の大切さを知っている

基礎や基本は多くの場合面白くはなくできることなら適当に済ませて応用に移りたいと思うものです。

しかし、基本を疎かにして自分のやり方ではじめてしまうと大抵が行き詰まってしまいその際に立ち戻れる基本の部分がないので

「色んなことに手を出したけど何もできない人」になる可能性が大きいのです。

勉強でもスポーツでもそうですが一流の人ほど基礎・基本のトレーニングに多くの時間を割きます。

なぜなら自分が成功してきたのは基礎・基本を徹底してやってきたことが大きな要因になっていると理解をしているからです。

こうして踏み固められた強力な土台の上に自分なりの個性を出していくことでその人らしさが出るのです。

同じ失敗を繰り返さない

優秀で本当に頭がいい人も人間なのでミスはします。しかし違うのは、2回目に同じような状況が回って来た時の対応です。

仕事の流れは、

新しい仕事を任される → 失敗する → 失敗した原因を考えて次の成功につなげる → 少しうまくなり小さな成功を収める → 上司から信頼される → 期待の気持ちを込めて少し大きな新しい仕事を任される → 失敗する → ・・・

このような場合が多いのではないでしょうか。

そしてこの中で一番重要なのは、失敗した後の「失敗した原因を考えて次の成功につなげる」という部分で、優秀な人は失敗をした後の原因の追求と改善が早く的確なのです。

なので次の「少しうまくなり小さな成功を収める」フェーズにスムーズにのることができ気づいたら同期との間に大きな差が生まれるのです。

PDCAに注目した優秀な人と頭がいい人の違いや具体的な実践方法については別の記事で書きましたのでよろしければそちらもご覧ください。

(あわせて読みたい:自己肯定感が低い人に現れる7つの典型的な特徴と後天的な3つの原因

(あわせて読みたい:自己肯定感を高めるために知っておきたい8つの方法と2つの誤解2



頭がいい人になるための方法

なぜの深堀りをする

頭が抜群に切れる人は物事の見方もそうですが思考の深さも印象的です。

この思考の深さというものは後天的に鍛えることが十分にできます。

例えば、その日に失敗したことやうまくいったことを紙に書きます。

そしてここで終わらずにどうして失敗してしまったのか、またはうまくいったのかを最低でも2回は深堀りをする質問とそれに対する答えを作りましょう。

この1日の振り返りのときに「自分はそのとき、どう感じたのか」まで落とし込むとより効果的です。

また、深堀りをして抽象度が高くなったことを基にして、他だとどんな場面に転用できそうかも考えると枠にとらわれないアイデアを出していく練習にもなるのでおすすめです。

相手の視点でものごとを徹底的に考える

優秀で本当に頭がいい人と話をしている時って時間があっという間にすぎてまだ話をしたいと思う時ってありませんか?

それは、彼ら彼女らが相手視点でのコミュニケーションを意識的に行っているからです。

一緒にプロジェクトを進める上で自分は相手の役に立てているだろうかということを考えています。

逆の立場であれば「この人と仕事をすることは自分にとって得なことばかりだ」という人は強く印象に残りますし、今度はこちらが何かしらの形で価値を返そうと思うものです。

このような相手視点、少し視野を広げるとユーザー視点での考え方はマーケット感覚にもつながるものがありユーザーに寄り添ったサービスの開発にも力を発揮することもあります。

(あわせて読みたい:市場価値の高い人は、マーケット力の高い人。

読書をする時間を意識的に確保する

忙しい中だとなかなか読書は優先順位が低くなってしまいがちです。

ただ、情報収集源に多くの著名な経営者も本を用いていることから読書が重要なことは明らかでしょう。

情報ならネットでやれば無料で手に入るから本は読まなくていいとお考えのかたもいるかもしれませんが本当にネットだけで大丈夫でしょうか?

無料の情報で学ぼうとすることを真っ向から否定するつもりはありませんが、無料で提供されているもので中身がありあなたの中に残り続ける情報はそうそう多くはありません。

また、無料ならばいいじゃないかと思うかもしれませんが、あなたの貴重な時間を使っていることに目を向けると単に無料でもないのです。

ただ本だと、出版されるまでにファクトを集めるための文献調査や編集など多くの時間が使われています。

また、せっかくあなたの貴重な時間を使うのですから質の高い情報に触れるようにしましょう。

邦書は大量出版や読みやすいような配慮のために質が落ちているのが近年の傾向ですので、ベストセラーや海外の良書にたくさん触れることをおすすめします。

目的を持って人と会う

一年を振り返って見て大切な人が何人できたでしょうか?

自分が属しているコミュニティの場合もあれば新たなコミュニティを作ろうと参加した場で知り合った人など様々かと思います。

ここで、注目したいのが自発的に動いた場合の方です。

あなたがその瞬間に参加をしていなければ今の関係はないはずだからです。

ただ、いろんな場に参加すればいいと言っているわけでは決してありません。

自分が提供できる価値は何でその場に参加することで何を達成しようかと考えているかどうかによって一回一回の質は大きく変わります。

みなさんも経験があるかと思いますが、目的をしっかり持っている人は相手の時間に対する配慮ができているので会話が心地いいものです。

また、そういう目的意識のしっかりした人は優秀な場合が多く自然と周りにも優秀な人が集まります。

類は友を呼ぶと言いますが本当にその通りです。

なので、人に会うことが大切とはいいましたがその際はしっかりと目的を持って会いましょう。

そうでないとあなたが望む結果を得ることは難しくなってしまうので。

優先順位付けと進捗管理を徹底する

特徴のところでも度々出てきましたが頭がいい人は優先順位付けを徹底しています。

優先順位をつけるということはやらない仕事を決める勇気が必要となります。

ただ、この勇気がなければ重要度の高いことに手をつけることが後回しになりなかなか思うような成果をあげることができません。

そして、勇気を出して一度優先順位をつけると頭がいい人たちは一気に集中をして取り組みます。

ただ当然、仕事にはどれも期限がありその中で成果を出さなくてはいけません。

その際は、進捗の管理を細かく行うことで余裕を持って達成をしていくことにつなげています。

では、ここで勇気を持って優先順位が決められたとしましょう。

しかし、集中力を高く保って一気に終わらせることってなかなかハードルが高いですよね。

そんな方に知っていただきたいのが、シンプルで効果が高い「ポモドーロテクニック」です。

25分間の作業と5分間の休憩を繰り返すというものなので気軽にはじめられます。

ポモドーロテクニックを取り入れる上での注意点や効果、やり方などについてはこちらの記事に詳しく書きましたので気になる方はご覧ください。

まとめ

今回の記事では、頭が良さそうに見せようとする人ではなく優秀で周りから一目置かれる人の特徴と読んですぐ始められることについて書きました。

特徴やなり方の一つ一つはそこまで難しいものではありませんが継続ができるかどうかが成果を出して周りから一目置かれる存在になっていけるかの大きな分かれ目になります。

いきなり全てを実践するのは難しいので、まずは自分に合いそうだと思うところからはじめてみて一つ一つ習慣化してみてはいかがでしょうか。