信念を貫く方法とは?信念や志を持つと人生は成功しやすく充実する


 
日々生活をする中で、

「なんだか最近のびのびと生きれていないな…」
「周りに合わせて疲れたな。。。」

と感じることはありませんか?

誰しも置かれた環境の中で、時に自分を殺しながらも生きていく術を学んでいくものです。ただ周囲に合わせるだけの人生は、疲れてしまいますよね。

もしかすると「のびのび生きれていない」と感じる時は、「自分らしく生きないと、いつか後悔することになるよ」と心が囁いている瞬間なのかもしれません。

とはいえ、「自分らしく」って、いったい何を指すのでしょうか。

周りに合わせないと、自分が生きづらくなる環境に置かれることだってありますよね。

それでも、そんな自分の声を見て見ぬ振りをしていると、どんどん苦しくなっていくものです。

なので、心の声が聞こえた時は思いきって「自分と向き合ういい機会をもらった」と思って、「自分が“のびのび”できる環境って何だろう?」と考える時間を作ってみてもいいかもしれません。

ここで、自分らしく生き生きと働いている経営者たちの言葉を紹介すると

元AppleCEO 故スティーブ・ジョブズ氏は

時として人生には、レンガで頭を殴られるようなひどいことが起きる。しかし、信念を失ってはいけない。

と語っており、サイバーエージェントの藤田晋社長は

リーダーには、部下から多くの批判を浴びても、自分の信念を貫き通す覚悟が必要。

といっています。

ここで、両者に共通するのは「信念」という言葉です。

どうやら、自分らしく生き生きと人生を送る上でこの「信念」という言葉は切っても切り離せない関係にあるようです。

そこで、今回の記事では「信念とは何か」、「信念を貫くと人生はどう変わるか」、「信念を貫く方法」について書いてみました。

信念とは何?どうやってみつけるの?

信念という言葉ををデジタル大辞泉で調べると、

「正しいと信じる自分の考え」と書いてありました。

信念とは、座右の銘に近いもので、どんな信念を持っているかを聞くと、その人がどんな人なのかということがなんとなく感じられるものです。

また、信念とは、どんな状況に置かれても譲れないあなたの価値観のことを指し、なにかを決断する際に大きな判断基準となるものです。

ただ、今回テーマとしている信念は、外の世界にヒントを探しにいくというよりは、日々の生活で習慣的に深い内省を繰り返す中で、見つかっていくことが多いものです。

違和感を感じる出来事や「これは大事にしたい」と直感的に感じる物事について、

なぜそう感じるのか?

他にも同じように感じた出来事が過去にあったか?

と突き詰めて考えていくことで、人は自分自身が大切にしたい価値観に気付けます。

そしてその積み重ねこそが、信念と呼べるものにつながっていくのです。

ただそうはいっても、日頃そこまで自身のことについて考える機会はそうそうないかと思います。

では、どんな時に信念について意識をするか以下で見ていきましょう。

信念はどういう時に生まれやすい

信念について意識するのは、

・他人から「〇〇くんの信念って何?」と聞かれたとき
・大きな決断をするとき
・内省するとき

といった瞬間に多いのではないでしょうか。

今回は、この中でも僕が一番重要だと考える3つ目の「内省するとき」に焦点を当ててみたいと思います。

僕がこれまでに会ってきた中で、強い信念を持っていると思う人たちには、これまでの人生で深く内省をしてきたんだな…と感じる瞬間が度々あります。

そして、彼らはたいてい、自分の中に、自身で作り上げた高い理想像を持っています。

ただ、自分の中に高い理想を掲げる人は、どんなに努力をしても容易にはその目標に到達できず、不甲斐ない気持ちを度々味わうことでしょう。

また、自分だけの理想というものは、定量で測れない努力を要することも往々にしてあります。

このように、理想が高いと、ゴールに到達するまでに葛藤する回数が増えます。

その度に、

なぜ到達できないのか?

この壁を乗り越えるためにどうするか?

と内省を繰り返す中で、自分自身と向き合う回数が増え、少しずつ大切にしたい価値観が明確になっていくのです。

また、自分だけの理想を求めて葛藤している時の内省は、そもそも他人からの評価を必要としない場合が多く、自身と素直に向き合えるので質が高くなります。

このように、質の高い内省を繰り返せば繰り返すほど、「自分が本当に大切にしたいこと=信念」が洗練されていき、人生において選択すべき道が今まで以上に明確になっていきます。

質の高い内省のサイクルを繰り返すことで、あなた自身が大切にしたいと心から思えることに多くの時間を使えるようになっていきましょう。

内省の仕方

前章で述べた内省についてですが、この章ではそのやり方についていくつかご紹介します。

もしあなたが、内省する習慣が全くないというのであれば、「自分は一体どんな人間になりたいのだろう」「何をしている時に幸せを感じるのだろう」といった抽象的な問いかけを自分にしてみることからまず始めてみてください。

この質問だと抽象的すぎてすぐに出てこない…という方は、更に

「自分の感情(喜怒哀楽の他にも悔しい、嬉しい、などの様々な感情)が動く瞬間はどんな時か」

「人生で最も楽しかったこと、悲しかったこと、悔しかった瞬間はどんな時か」

という、感情に焦点を当てた問いかけから始めてもいいかもしれません。

内省によって信念に気づける度合いについては

信念に気づける度合い=本質的な質問をした回数×回答の質

となります。

本質的な質問とは、本質的な質問というのは信念に辿りつくために行った切り口の鋭い質問の回数をいい、

回答の質とは、その回答が世間体などの不純物を排したあなた自身の心の声であることを前提に、「その回答がどこまで自分の中で腹落ちしているか」に左右されます。

また、一人で内省をするのが難しい方には友人に壁打ち相手になってもらうのもおすすめです。

ただ、友人に自分をさらけ出すのは恥ずかしくてできない…という方はコーチングを活用してみるのも一つの手です。

私も何度かコーチングを受けましたが、コーチからの質問に答えていくことで、心の奥底の人に見せたくない本音の部分まで踏み込むことができ、ものすごく質の高い内省ができました。

なので、「上記の方法は自分にはハードルが高い…」と感じた方には、コーチングを一度試してみることをオススメします。

我々KACHITSUKUのコーチングを受けてみたいという方は

kachitsuku@gmail.comもしくは、本サイトの右上にあるお問い合わせよりご連絡ください。

内容・期間に合わせて、ご相談させていただきます。

信念を貫くと人生はどう変わるか?

これまで多くの人と会ってきた中で、大きな成功を収めている人たちは、自分の軸がしっかりとしていて、自身の信念にしたがって生きているという共通点があるように思います。

信念を持っていると

・挑戦しなかった後悔が減る
・自分の望む人間関係を築けるようになる
・成果を上げることができる

といったメリットがあります。

これらについて、以下で一つずつ説明していきます。

挑戦しなかった後悔が減る

信念を貫くと、なにかに挑戦しなかった後悔を減らすことができます。

そもそも後悔というのは、あの時挑戦をしていれば今ごろどこまでいけていたんだろうと思うときに生まれるものです。

しかし、信念を持っていると挑戦をする意味があると思えることを前にした時に、あなたの決断の後押しをしてくれます。

「挑戦しなかったことで感じる後悔をこれまでに何回も経験してきた」という方は、本当はもう分かっているはずです。

同じ後悔を繰り返さないためにもまずは自分と向き合ってみましょう。

自分の望む人間関係を築けるようになる

信念を貫くと、自ずとあなたの望む人間関係を築けるようになります。

あなたが大切にする価値観を主張するということは、必ずしも万人に受け入れられるものではありません。

信念が強ければ強いほど、時には周囲と相容れない環境に苦しむ瞬間が訪れることでしょう。

ただ、あなたの価値観を良いと思ってくれる人はどこかに必ずいるものです。

信念を曲げずに生きていくことは容易いことではありませんが、それを貫き通す意志のある人の周りには、自然と人が集まるものです。

なんとなく周りに合わせて生きたところで、集まってくる友人は刹那の友に過ぎません。

自分の信念に沿って生きていくと結果的に、あなたの価値観を心から受け入れ、好きでいてくれる人だけが周りに残るため、関係の太い友人と時間を過ごすことができます。

独りになるのは怖いという気持ちを捨て、「真の友と過ごす」時間を想像してみてください。

人生の限られた時間を「誰と」「どう過ごすか」は、人生を充実したものにするためのキーワードです。

あなたの信念に共感してくれる人を、1人でも多く見つけてください。

成果をあげることができる

信念を貫くことは、何かしらの成果をあげることにつながります。

信念を持って行うことに対しては、誰に言われずとも自発的に行動を起こしやすく、しかもそれを長続きさせることができます。

信念を強く持っていることは、やめたいと思うことがあった時にも、自分の立ち返る場所をしっかりと持っているということです。

また、自分の納得していることであれば、誰かに機会を提供されずとも学んだり行動を起こすことができるため、自ずと向上していくことができます。

そもそもあなたが戦っている市場にはとにかくその仕事が好きで時間を惜しまずに行動をし続けられる人がいます。

そんな中で、普通もしくは嫌いなことをしていては彼らに勝つことはできません。

人には、それぞれに適した自分の土俵があります。そして、あなたにも力を存分に発揮できる土俵は必ずあります。

そのため人生を充実させるには、日々の生活の中で、信念を貫き通せる且つ、情熱を持ち取り組み続けられる何かを見つけることが、本当に大切なのです。

それは仕事や、部活や趣味であるかもしれません。友人や家族を大切にすることかもしれません。

もしもあなたが今、信念を持って取り組めることを何も持っていないのであれば、まずは探す第一歩を踏み出しましょう。そして、目の前にあることを全力でやりましょう。何事もそこから始まります。

好きなことでも嫌いなことでも、本気で取り組んでいると必ず困難にぶつかります。

ただ、強い信念を持っていると、そんな時にも踏ん張ることができます。

この一踏ん張りが、あなたの人生を一層輝かせることでしょう。

信念を貫く方法

発言に一貫性を持ち、周囲に言わずにとにかく始めてみる

周囲の反応に惑わされず、まずは常に一貫性のある言動を心がける

まず前提として、世の中には信念を持って生きていない人が多くいます。

そんな中あなたがいきなり

「私の信念は〇〇だ」「これを貫くために生きるのだ」

と言っても、周りの人は面食らいますし、同時にかなり身構えるでしょう。

普段から物事を深く考えることが好きな人でもない限り、「いきなり何を言っているんだ…」「変わってる人だな」と認識するのが普通かもしれません。

ただ、ここでひるんではいけません。あなたが貫こうとしていることが周囲に簡単に理解されないのは当たり前のことです。あなたが、自分自身と向き合い抜いた末にたどり着いた信念なのですから。

あなたのことをろくに理解しない人が、そう簡単に理解できるはずがないのです。

なので、まずは誰かに打ち明けたりせず、自分一人で始めてみることをおすすめします。

その中で、「やはりこのやり方は違った」「本当の信念はこっちかもしれない」と気づいていくこともあるでしょう。

このように試行錯誤を繰り返すうちに、より洗練された信念が生まれてくるものです。

実際に行動をしていくなかで、言動や行動に一貫性が出てくるとあなたの本気さは次第に周囲の人にも伝わっていきます.。

言動や行動に一貫性のある人は周囲の人間を惹きつけます。そうなれば自然と「変なことを言っている」という見方はされなくなり、あなたの大きな魅力として周囲に受け入れられていくことでしょう。

自分の意思を貫いた時をメモする

信念を貫く方法としておすすめなのが、あなたが自分の意志を最後まで貫いたと思える瞬間をメモしていくことです。

失敗体験は言語化できる人はいるけれど、成功体験を言語化できる人はほとんどいないと言われています。

信念も同じで、「意志を貫けた」と思えた時は、積極的にメモなどで記録していなければ忘れてしまうでしょう。

できればその時に感じた感情や、意志を貫いたことでどういった結果になったか、ということまで振り返って記録できるとなお効果的です。その一つ一つが成功体験となって、あなたの自信に繋がります。

また、このような瞬間に感じた感情を、自分の中で整理できるようになると、全く違うシチュエーションにおいても「これはこの前感じたあの感覚に近い」と認識できるようになります。

人生で何度も遭遇する自身の感情・感覚は、あなたの信念の核となる場合が非常に多いものです。

そのため、この認識の積み重ねによりあなたの信念はより強固に裏付けられ、揺るぎないものとなっていくことでしょう。

なので、自分の意思を貫いた経験をしたのであれば、その度に記録に残して定期的に振り返ることをおすすめします。

おわりに

今回は私の思う信念について書きましたが、いかがでしたでしょうか?

誰しも、理想の大小は別として、「こんな人間でありたい」とか「こんなスキルが欲しい」といった願望をそれぞれ持っていることと思います。

しかし、その願望を叶えるために、数多の辛いことに耐えられるほどの信念を持っている人はほとんどいません。

ただ、もしあなたがより納得度の高い人生を歩みたいと思うのであれば、ゆるぎない信念を持ち、それを貫こうとすることが人生において必要になってきます。

まずは、過去を振り返って「自分は何をしている時に自分らしくいれるのか」を探すところから始めてみてはいかがでしょうか。きっと近い将来、あなたが好きなあなたに近づいていることでしょう。

ただ、自分で深めていくことが難しいと思われる方がほとんどだと思います。

我々KACHITSUKUのコーチングを受けてみたいという方は

kachitsuku@gmail.comもしくは、本サイトの右上にあるお問い合わせよりご連絡ください。

内容・期間に合わせて、ご相談させていただきます。



(オススメ記事:市場価値が高い人になるために知っておきたい20代の過ごしかた