生きるのが辛い人にみられる特徴と試してほしい3つのこと


 
「生きるのってなんでこんなにしんどいんだろう」

「今の自分はいやだし、未来にも希望が持てない」

と感じる時ってありませんか?

毎日仕事に行くのはしんどいし、休日は疲れをとるために家でずっといる。

また、大切な人とのお別れや、責任が重く自分一人ではどう考えても終わらないことを任された時は現実と向き合うことがしんどくなるものです。

そして、このような状態の時は、生きることで精一杯で人から誘われたとしても気分はのらずふさぎこんでしまうものです。

そこで、今回は日々慢性的に生きるのが辛いと感じる人に見られる特徴や生きるのが辛い人に試してほしい3つのことについて書きました。

ご自身の今の状況に当てはめながら取り入れられそうなところはないか考えながらご覧ください。



生きるのがつらい人にみられる特徴

気にしすぎてしまう

生きるのがつらい人にみられる一つ目の特徴は気にしすぎてしまうです。

「自分がしたことに対してあんな事言われた、とかあんな顔された」といったことが頭から離れない時ってありませんか。

このように感じるのは、自分ではなく他人がどう思うのかということに価値の基準を置いているからです。

自分に軸がないと他人の声に一喜一憂することになり、そんな人生では疲れてしまいます。

他者からの視線を気にすること時には大事ですが、「他人からどう思われるだろう」と考えることから「自分がどう思うか」と少しずつ考えるようにしていきましょう。自分に小さな嘘をつかなくなると自信が出てきますよ。

戦う土俵を間違えている

生きるのがつらい人にみられる二つ目の特徴は戦う土俵を間違えているです。

世間体を気にすると、やりたくもないをやってしまったり、自分が本当は苦手としていることなのに仕事に選んでしまい成果は出ず、辛いなと思うことはよくあるのではないでしょうか。

ただ、「合わないことをしている。ペースが乱れている。」と感じる時って呼吸は浅くなり、しんどいものですよね。

このように様々な要因から自分が戦う場所を間違えている人は今の日本ではよくあることです。

今自分がいる環境は息苦しくありませんか?存分に力を発揮できますか?

あなたのペースにあった環境は必ずあります。探さずにこのままの状況に居続けると人生はあっという間に終わってしまいますよ。

自分をよく理解できていない

生きるのがつらい人は自分をよく理解できていません。

「何をやっていても心が満たされないな」と感じる時ってありませんか。

自分が何に満たされるのかがわかっていないとあなたが満足感を得るものにはなかなか出会うことはできず、ほとんどのことに対してつまらないなと思うようになってしまいます。

まずは、自分が何に心が動くのか、楽しい、充実していると感じるのかを理解していくことからはじめてみてはいかがでしょうか。自分なりの判断軸ができるとずいぶんと生きやすくなるものですよ。

辛い理由を考えることが多い

生きるのがつらい人は辛い理由を考えることが多いです。

多くの人は、辛いことがあったとしてもそこまで深く考えることなく、時間が解決してくれるだろうと何もしないものです。

ただ、「生きるのが辛い」と検索する人は辛いという感情に対して向き合おうとしているのではないでしょうか。

そういった人たちは、頭の片隅に常に辛いことがこびりついているので何が原因で辛いと思うのか考えることと思います。

このように辛いことと向き合っても答えがなかなか出ないとしんどいなと思うかもしれません。

ただ、考え続けているといずれ答えは見つかるものです。

答えが見つかると視界はパッと開け、大切な価値観に気づくことができるのでぜひ向き合うことをやめないでください。

一人ではなかなか深められない場合は、信頼できる友人に話をしてみると意外な発見もあるのでおすすめですよ。



生きるのが辛い人に試してほしい3つのこと

心が反応するポイントを見つける

生きるのが辛い人に試して欲しいことの一つ目は、心が反応するポイントを見つけることです。

何かをしたり、人と話をしていると、「楽しいな、つまらないな、満たされているな」と感じるものです。

これらの感情に目を向けると、自分が何に心が反応するのかが理解できます。

そして、「その状況になぜ心が動くのか」と考えていくと自分の心が反応するスイッチが分かるので多少のことでは惑わされなくなっていきます。

このように、心が反応するポイントが分かると生き辛さを感じる機会は減っていくので頑張って身につけていきましょう。

一度常識に対して批判的になってみる

人間にとって成功とはいったいなんだろう。

自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、

努力したかどうかではないだろうか。

夢がたとえ成就しなかったとしても精一杯挑戦した、それで爽やかだ。

岡本太郎

他者から見た常識というものに自分を当てはめると一人になることはないし、その道で成功をすると周りからの賞賛が得られます。

このように、人が認めてくれることやこれをやれば正解だとわかっていることをやることは楽なものです。

ただ、その他者から見た成功という常識をつらぬいた先にあなたの心が満たされる日はきますか?

もちろん達成した瞬間には感じられるかもしれませんがその喜びは長くは続かないものです。

なので、一度常識を疑ってみてください。

その上で、この道を進んでいくことは自分の価値観にあっていると思えるものを見つけていきましょう。

他人の人生を生きていると人生は辛くなっていくので、できるだけ早く方向転換をしていくことで納得のいく人生を歩んでいきましょう。

自分に見合った目標を立てる

生きるのが辛い人に試して欲しいことの最後のコツは、自分に見合った目標を立てることです。

よく目標を立てようと言われると、誰が見てもすごいねという目標を立ててしまうものです。

ただ、「自分の今の状況、今できること、今の立場で達成できること」を考えて行動をして結果を出していくことが現実的な目標の立て方と言えます。

ただ、この目標を立てる時に重要なことは、オーダーメイドであることです。

自分にその立てた目標を問いかけた時に、同期や先輩など万人に当てはまるものではなく、他ではなく自分の目標と思えることが大切なのです。

このように、自分はどういう人間で何に興味があり、何ができるのかと考え抜いた上で立てた目標は、自分事として捉えられるのでパフォーマンスが上がります。

自分に見合った目標を立てて、行動をし、成果をあげていくことで自分をどんどん好きになっていきましょう。

おわりに

今回は、日々慢性的に生きるのが辛いと感じる人に見られる特徴や生きるのが辛い人に試してほしい3つのことについて書きましたがいかがでしたでしょうか。

生きるのが辛い人に試してほしい3つのことはどれも実践的なものとなっているので、あなたが取り入れやすいと思うものから行動をしてみてください。

今、あなたが漠然と抱えている不安は、向き合うことができればあなたが大切にしている価値観に気づくことにつながります。

変わっていく自分を楽しみながら日々生きるとしんどいと思うことは次第に少なくなっていくので行動をしていきましょう。