「FINMee」自分軸で考えたやりがいのあることを仕事にしていきたい方へ


 
ゴールを設定せず走り続けていると、キャリアや人生の終わりに差し掛かるときに「あれ?自分の人生ってなんだったんだろう?」という日を迎えることになってしまいます。

また、もう少し早く、

「昔は前のめりに頑張れていたのに、今は熱中できるものがない。」

「熱中できることを見つけたいとは思うけど、どうしたらいいんだろう・・・」

「今の仕事って、自分にとって何なんだろう?今の職場での10年後の自分を想像するとゾッとする」

と考え、「変わらないと、変わりたい!」という方は少なからずおられるかと思います。

しかし、家庭を持ったり、住宅ローンを抱えていたりすると、変化をしたいと思ったとしてもその時には責任が自分だけではなく、挑戦することは難しくなります。

ただ、あまたある情報の中からこちらのページに辿りついたということは、「あれ?自分の人生ってなんだったんだろう?」という状態に今後なっていきそうだと思われているのではないでしょうか。

人生の目的とは?

人生の目的は「幸せな人生を送ること」です。

幸せというのは人それぞれ違いますが、「幸せに近づくこと、近づいていくために日々やること」を積み上げていくことが非常に重要となります。

また、幸せには仮そめの幸せと、本物の幸せに繋がっていくものがあり、

仮そめの幸せとは、際限のないもので、お金や地位といったものは自分よりすごい人がいくらでもいますし、他者からの承認欲求を満たすための行動などもこちらに当てはまります。

一方で、本物の幸せに繋がっていくものとは、あなたの価値観に合うことや大好きなこと、良質な人間関係を築くこと、ありたい姿に近づくこと、自分にとって伸ばしたいと思えることを追求することなどで、これらは結果はもちろんですが、やっていること自体、プロセスにも充実感を感じられます。

そして面白いことに、自分ができることが増えていくと、幸福感はどこまでも高まっていきます。

身近なところだと、ご飯や、服、映画、音楽のこと自体がすごく好きで、その時間に自身の心が満たされるのであれば本物の幸せに繋がることといえます。

ただ、高級なご飯や服、玄人と思われるだろうからという理由での映画鑑賞やそこまで好きではない音楽だけど周りに合わせるために聞くといったことは、他者からの承認欲求を満たすものである可能性があります。すべてが悪いというわけではありませんが、これらだけを追い求めていくと、本物の幸せからは遠ざかってしまいます。

「誰に見せたり、話したりするわけでもなく、好きなことか?」これを基準にすると、今やっていることが、「他者からの承認欲求を満たすためのものなのか」、「それとも自分自身を喜ばせるためにやっていることなのか」が分かりやすいので、普段行っていることについて、ぜひ一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

本物の幸せを追おう

幸せは、「他者から見て幸せそう」というのを追い求めるのではなく、「自分から見た幸せ」を追うことが大切です。

本物の幸せとは

本物の幸せ=自分から見た幸せを最大化すること

と言い換えることができます。

このように自分から見た幸せを増やしていくこと。そして、日常の中でその対象に触れる機会を多くすればするほどどんどんより良い生き方に近づいていきます。

では、自分からみた幸せを日常の中で増やしていくにはどうすればいいのでしょうか?

このことを考えるときに時間で区切るのは有効で、

人生は大きく仕事、プライベート、睡眠の3つに分かれます。

まず、睡眠は削ると著しく生産性が落ちるので睡眠を削るのは現実的ではありません。

次にプライベートですが、週に2日の休日にプライベートを充実させているからそれで十分!という方もいらっしゃると思います。

ただ、人生をよりよく、充実させていきたいのであれば、多くの人にとって圧倒的時間を占める(平日の起きている時間の50%~80%)仕事部分に切り込んでいかなくては厳しいと私は思います。

では、仕事、もっというとキャリアについてもう少し紐解いて話をしていきましょう。

これからのキャリアとは

キャリアについて上司や友達に相談をすると

「目の前のことを死に物狂いで一生懸命やっていたら、できることが増えてやりたいことも見つかってくるよ」

「好きなことや、やりたいことをやるのはまずお金を稼いでからでしょ」

という意見を聞くことがあるでしょうし、その側面もあると思います。

しかし、今の時代や、これからの時代を考えるとこのような窮屈な考え方はどうなのでしょうか?

そもそも、それだけの胆力、覚悟を持ってなんのためらいもなく目の前のことに打ち込めるような、そういった方はそれほど多くいません。

また、あらゆる方法(YouTube、Instagram、自分のショップ開設)で日銭を稼げるようになった今、そういった生き方をしている人をみると自分の状況は変わらないのに、相対的に虚しくなる。自分もしたいな。と思えてきますよね。

今の仕事の先に、自分が魅力を感じるものがまったくなく、それだったら人生も長いし「自分にとって魅力のあることって何だろう」と考えるようになるのは自然なことです。

いきなり本業に!という方はそれもいいと思いますが、もちろんリスクも大きいので私はあまりおすすめしません。

一方で、いきなり本業にするのではなく、副業や趣味から始めればリスクを低く始めることができます。

そして、実際にやってみる中で「やっぱり本業にしたい、これはいける!」と思えるようになれば、転職もしくは、独立をする。こういった選択は以前よりかなりハードルが低くなっています。

ここまで話しをしてきたことをまとめると、

より良い生き方(幸せ)を目指すのであれば、「自分が何に価値や意味を感じるのか」、「根本の価値観は何か」、「好きなことは何か」などを考えなければ、より良い生き方への扉が開かれることはありません。

その上で、大事なのは自分軸に立ったありたい姿を設定することで、

このように設定した自分軸でのありたい姿を持つと、「今やっていることが自分が目指すより良い生き方に近づくことなのか、もしくは全然違う方向にいっているのか」といった判断基準を持てるようになります。

こうして目指す先が決まったら、あとはその目標を達成するために必要なことを考え、行動し、改善をしていく。

この繰り返しで、ありたい姿や、より良い生き方の実現に近づいていくことができます。

そして今回、このように自分軸でのありたい姿を実現する生き方を目指す方向けに下記で紹介する「FINMee」というプログラムを作成しました。

現在、体験セッションも行っているので、ぜひ最後までご覧いただけますと幸いです。

「FINMee」について

まず、「FINMee」とは自分軸でのありたい姿を明確にし、自分で設定したありたい姿を実現していくプログラムです。

プログラムのイメージを持っていただくために、「FINMee」で埋めていただくシートの一部を下記に貼りましたのでご確認ください。

《ありたい姿のイメージ》

《中長期、3年後、1年後の自分のありたい姿》

このように、中長期、3年後、1年後のありたい姿を設定し、その実現のために必要なことを明確にしていくのが本プログラムの概要になります。

ただ、いきなり中長期のありたい姿を考えるのは難しいという方は、下記8項目に及ぶ素材集めパートを活用いただくことがおすすめです。

《素材集めパート一覧》

中長期、3年後、1年後に自分がどうなっていたいか、どうありたいか?

そして、自分軸で決めたありたい姿や、仕事として、プライベートでやりたいこと

自分にとって意味や意義を感じること、大好きなこと、得意なこと、良質な人間関係、理想のライフスタイル、理想のワークスタイル、嫌でやりたくないことなどを質問に答えたり、ワークを進める中で出てきたものを組み合わせていくことで、自分軸でのより良い生き方を実現していきましょう!

「自分ひとりでは、深めたり、見つけていく自信がない、壁打ち相手が欲しい!」という方は、FINMee運営との壁打ち(1時間2000円)もご用意しております。

下記の「中長期、3年後、1年後の自分のありたい姿」のシートを埋めていくことが壁打ちの内容となります。

壁打ちご希望の方は、件名とお名前(ニックネームでも大丈夫です)をご記入の上、下記アドレスへお問い合わせください。(2営業日内に返信させていただきます。)

アドレス:kachitsuku@gmail.com

件名:FINMee体験セッション希望

ご連絡いただいた方には追って、「FINMee」のプログラムの共有と日程調整に関する連絡をメールにてお送りさせていただきます。

※本プログラムは、Googleスライドで行うものになります。ご指定いただいたGmailアドレスに先ほど紹介をしたスライドがまとまったものをお送りさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

FINMee代表 NAO