後悔のない人生を送るには?「死」と対面したジョブズが伝えたいこと


 
突然ですが、みなさんは「死」ということについて考えたことはありますか?

正直、遠い先のことで何かきっかけがなければ意識するのは難しいことと思います。ただ、私はある経営者のスピーチを動画で見たことで「死」というものと自分の生き方について改めて考えるようになりました。

その動画というのが、Appleの創業者で生涯を通じて世の中を驚かせ続けたスティーブ・ジョブズが、2005年にスタンフォード大学の卒業式で行った「死」をテーマとしたスピーチです。

以下、スピーチ内容の書き起こし

「もしも、今日が私の人生最後の日だとしたら、今日私は今からやろうとすることをしたいと思うのだろうか?」

この問いかけに対して何日もNOと答える状態が続いたのなら、私は何かを変える必要があると分かるのです。

ほとんどすべての事柄、例えば周囲から自分に向けられたすべての期待や、誇り、屈辱を受けたり挫折することへの恐れなどは、死に臨んだ時にはただ消え失せ、真に大切なもののみが残るからです。

私たちが死へ向かっていると意識することは、私たちが失うものを持っているのではないかと考える思考の罠を避ける私の知っている限りの最善策なのです。私たちはすでに身に何も着けていないのです。自分の心に従わないとする理由などどこにもないのです。

あなた方の時間には限りがあります。どうか誰か他の人の人生を生きることで無駄にしないでください。他人の意見の雑音であなた自身の内なる声がかき消されることのないようにしてください。

そして、最も重要なことですがあなたの心と直感に従う勇気を持ってください。心や直感はあなたが本当になりたいと臨んでいるものをすでに知っているのです。それ以外の全てのことは、二の次なのです。

いかがでしたでしょうか?正直、僕にはめちゃくちゃ刺さりました。

「人生最後の日にやろうと思えるほどに好きなことなのか」、また「情熱や直感をもっと大切にしよう」というメッセージは強烈で、改めて本質的に何を大切にすべきなのかを考えさせられました。そして「好きなこと、情熱、直感」を大切にすることは、自分のマインド次第で変えていくことができるものでもあります。

また、膵臓癌を2003年に発症し、2004年に摘出手術を受けた後に行った後のスタンフォード大学でのスピーチなこともあり、偉大な経営者であることとともに死と真剣に向き合ったという背景を意識すると、言葉の一つ一つがより深く入ってきました。

そして、次にご紹介したいのがアメリカの病院で80歳以上の方を対象に行われたアンケート調査です。

このアンケートは、看護時さんが「人生で最も後悔していることは何ですか?」と患者さんに問いかけたもので、様々な答えが返ってきました。

そして、その中で一番多かったのが「チャレンジしなかったこと」でした。

また、他にも同じ質問に対するアンケート結果があり、それらの中で特に印象的だった回答を「人生でもっと何をすればよかったか」という形で言い換えると

・自分のやりたいことをやればよかった
・他人の言う事よりも自分の直感を信じればよかった
・もっと自分の情熱に従うべきだった

などとなります。

忙しい日々を過ごしていると直感や情熱に従うことについて考えることを忘れてしまうものです。

ただ、人生の大先輩である方々が死を意識し始めた時に思うことは、自分もいずれは抱える悩みになります。

「チャレンジをする」、「やりたいことをする」、「他人の人生を生きずに自分の直感を信じる」、「情熱に従う」といったことは本音では大事だと思っているけど、そんなに世の中あまくないとすぐに諦めてしまう言葉ばかりです。

ただ、これらの心の声に耳を貸さなかったからこそ死を意識し始めた時に後悔をしたのではないでしょうか。また、先ほど紹介したジョブズ氏が我々に問いかけたかったことと共通点が多いのには感慨深いものがあります。

そして、稀代の経営者であるジョブズ氏は仕事選びについても以下のようにスタンフォードで行ったスピーチの中で述べています。

とても辛いことがあったとしても信念を見失わないでください。私が続けてこれたのは、自分のやっていることが好きだったというたったそれだけのことだったということをよくわかっているのです。自分が好きなことを見つけなければなりません。

本当に自分の気持ちが満たされる唯一の道は、皆さんが素晴らしいと信じる仕事をすることにあるのです。そして素晴らしい仕事をする唯一の道はあなたがしていることを愛することなのです。

そして、それは素晴らしい関係のように年を経るにつれてどんどん良くなっていくのです。ですから、探し続けてください。立ち止まってはいけないのです。”

このようにジョブズ氏は、自分が好きなこと、愛せることを見つけて信念を持って生きていくことが大切だと言っています。

そして、まだ見つかっていないのなら見つかるまで探し続けることで死ぬ間際で後悔のしかたは大きく変わってくることでしょう

さて、ここでもう一度問います。

「もしも今日があなたの人生最後の日だとしたら、今日あなたが今からやろうとすることをしたいと思いますか?」

Stay hungry, Stay foolish.