市場価値が高い人になるために知っておきたい20代の過ごしかた


 
いきなりですが、これほどまでに個の力が試される時代があったでしょうか?

そして、これからますます市場における個の価値は重要なものとなってきます。

皆さんがどのような企業に勤めるにしても市場における自身の価値を気にすることは非常に大切です。

今の仕事は将来的に自分のキャリアの土台になるのか?

転職をするときに実績や能力をアピールすることはできるか?

などを考えて暮らさなければ残念ながら生き残っていくことは難しいでしょう。

新卒は会社が育てていくという気概がありますが、転職となると空いているポストを埋めるためのものなので会社が求めている人物像とスキルを持ち合わせる必要があります。

なので、あなたのこれまでの実績や仕事に取り組むスタンスを見て採用側は「この人だったらうちに入って活躍してくれそうだ」と期待を持てるかどうかが重要になってきます。

転職の際に求められるものはスキル、実績、コミュニケーション能力、マネジメント力などあげはじめるとキリがありません。しかし、求められるものはなんと年齢によって変わるようです。

そこで、20代、30代、40代の転職で求められる能力について紹介をし、そのことをふまえて20代の時にどのような過ごし方をすれば市場価値を上げることができるのかについて書きます。



20代、30代、40代の転職の違い

転職という言葉をひとまとめにしがちですが、20代、30代、40代ではそれぞれ求められてくるものが違います。

人材開発の本や各年代のGoogle先生の検索結果上位を見ているとある傾向がありました。

それは、、、
・20代は「やりたいことや深めたい分野を探す」転職

・30代は「築き上げてきた分野を深める」転職

・40代は「事業を作ることが求められる」転職

といった具合でした。

では、20代の転職から順に見ていきましょう。

20代「やりたいことや深めたい分野を探す」転職

20代の転職でみられているのは、おもに「地頭の良さ」。

実際のところ大学で学んできたことを職場で使う機会に恵まれる人は多くありません。

なので、20代に求められるのは今までどのくらい自分の頭で考えてきたかとなります。

前職で、裁量権がなく考える機会が少なくなっているようだったら、「新卒の時にうちの会社を受けてくれたら採れたのに社会人になってからの数年で仕事のやり方が染み付いてしまって採用するのは厳しい」といった事態になってしまうので、心当たりがあったら要注意です。

その次に見られているものとして、「素直さ」「扱いやすさ」があげられます。

素直な人は吸収力が高く、どんどん成長していくことが望め社内にうまく溶け込むことができるかが重要となってきます。

扱いやすさも同様で、表向きには多様性を求めると言っていてもまとめるのにはかなりの能力が必要でなかなかエース級の社員を育てるほどの体力がある会社は少ない。

その結果、会社が決めた方針に反発する人を扱うことよりも素直に従ってくれる社員が好まれる。(Googleやリクルートなどの社風では当てはまりませんが 笑)

また、実際の面接で効果的な自己PRをするためには自分の強みを知る必要があります。

そして、見つけた強みにひもづく具体的なエピソードをじっくりと考えることで「この人は頑張れそうだ。採用すると会社の業績が上がりそう。」と面接官の頭の中に描きましょう。

このように知りたいけどなかなか見つけるのが難しい自分の強みを診断できるのがグッドポイント診断です。

無料ですぐに始めることができますので

「ばくぜんと転職したいと思っているけど何から始めたらいいか分からない」

という方は自分の強みを見つけるところから始めてみてはいかがでしょうか。

グッドポイント診断はこちらから↓

30代「築き上げてきた分野を深める」転職

30代はというと、

何をいってもとにかく実績を求められます。

20代は自分が何が嫌で何にやりがいを持つかを経験できる。

しかし、30代になるとこれまでどんなプロジェクトに関わって実績を上げてきたのかが求められる。

どれだけ大きな規模のプロジェクトに関わっていたとしてもその中での自身の役割や意思決定をどの程度してきたかが重要となる。

これまで厳しいことを書いてきましたが、厳しいばかりではないのが30代の転職。

30代の転職ではキャリアの逆転が起こる。

なぜなら、実績で評価されるので裁量権の小さい大手企業ではどうしてもリーダーシップであったり小中規模のマネジメントを経験する機会が少なくなる。

なので、ファーストキャリアが思い通りにいかなくても20代で実績をあげることができる環境で働ければ十分に逆転が可能となる。

40代「事業を作ることが求められる」転職

さいごに40代。

これまでとは明らかに求められるレベルと質が変わってくる。

40代にもなるとどの会社でも管理職もしくはそれ以上の役職につけるか、課長どまりなのかが決まってくる。

そんな中で、他社に転職するのならリーダーシップやマネジメント、実績を作ったなどは有利な条件としては見られず前提条件となる。

では、40代は、、、

それは、これまでに

・どんな人脈を築いてきたか?

・どんなビジネスを構想して実行してきたか?

・メンバーを鼓舞できる目標を掲げてその結果どうだったか?

・他者の実績をどのくらいあげることができたか?

などといった経営者に近い視点での事業への参加が求められる。

正直、会社にとって年次が高く新たに人を迎え入れるのは大きなコストです。

それでも欲しい人材は確かにいて、それは事業を描け、ビジョンを掲げ、人を動かすことができる人は多くの企業で求められる。



どの年代にも共通すること

ここまで、20代、30代、40代の転職について話してきました。ただ、調べていてどの年代でも共通して重要視されていることがあることに気づきました。それは、「コミュニケーション力」、「会社にフィットしているか」、「情熱があるか」です。

「コミュニケーション力」

ここでいう「コミュニケーション力」とは、相手を気分良くさせられる力のことです。日本でも欧米でも基本はプロジェクト単位で動きます。また、クライアントとも協業します。チームで動くので、良好な関係を周りと築けるかどうかは非常に重要なこととなります。

「会社にフィットしているか」「情熱があるか」

続いて、「会社にフィットしているか」と「情熱があるか」についてです。これらは、スキルではなくあなたがこれまで仕事に対してどういったスタンスで取り組んできたのかということ。会社に対してしっかりと研究し、求められているポジションで自分ならこのようなアプローチを取るのかをできるだけ具体的に話せれば採用側は再現性を確認できます。その際に必ずしも表に出している必要はありませんが、情熱があることを知ってもらうことは大事です。

余談ですが、ウォルト・ディズニーやスティーブ・ジョブズはそれぞれ次のような名言を残しています。

”情熱を持つ1人は、情熱を持たない100人に勝る ウォルト・ディズニー”

”夢を実現できるか否かは、途中で諦めるかどうかにかかっている。 必要なのは強い情熱”

これらをみても分かるように情熱を持っているかは非常に大切です。なぜなら、情熱は心の燃料となり頑張る源になる。きつい時に踏ん張れる人はそれだけでも魅力的です。

20代の過ごしかた

20代、30代、40代で転職の際に求められる能力やどの年代にも共通する大切なことを話してきました。実際に働いていく中でしかやりたいことや深めていきたい分野などは分からないですよね?

ただ、20代のうちに自分がやりがいをもって取り組めることをみつけられるかどうかで30歳以降に選択肢を自分で決めることができる可能性は高まります。そこで、選択肢を広げる方法を4つほど紹介します。

裁量権を重視する

30代以降は、これまでやってきたプロジェクトの中でどのポジションで関わったかや意思決定をどのくらいしてきたかが重要になってくる。

なので、あなたが現在所属している組織や入りたい組織が何年目にプロジェクトリーダーを経験できるのかは重要な指標です。

マーケット力を身につける

今回のタイトルにもあるように市場価値とはつまりマーケットにおける価値です。

これからの時代は、手軽にユーザー情報を手に入れることができます。

ですので、ユーザーが求めているニーズをしっかりと捉えて自社のリソースを使って売れる商品を作っていける人が重宝されます。

(マーケット力に関する記事:市場価値の高い人は、マーケット力の高い人。

考える癖をつける

30代、特に40代ではどんなビジネスを構想できるかが重要になってくきます。

なので、上が決めた仕事に対して全体の中で今任せられているのはどんな内容で自分だったらこういう風にするといったことを考える癖を養うことは大切です。

しかし、考える癖は機会が少なくなればどんどん衰えていくものです。

ぶれない軸を探す

最後は軸探しでこれがもっとも大切です。

これまで生きてきて何にワクワクしたか、楽しいと思ったかを書き出してみましょう。

その上で、今度伸びそうな市場でワクワクできそうなことを仕事に選ぶ。

また、好きで得意なことが成長産業ではなかったとしてもTOP10%に入れれば十分に仕事にすることができます。

(軸探しに関連する記事:やりがいのある仕事の特徴と見つけるための5つのステップ

最後は一緒に働きたいと思えるかどうか

ここまで、いろいろ話してきましたが人事担当者が最終的に判断するのは、スキルや経験を考慮した上でこの人と一緒に働きたいかどうかという意見が圧倒的に多いです。

また、やりたいことや深めたいことに対する障壁は歳を重ねるごとにどんどん高くなります。

ですので、最低でも月に一回はゆっくり時間をとって自分は何がやりたいのか、仕事を通じて成し遂げたいことは何かと問いかけてみましょう。

市場価値を年収で出してくれる無料のサイト

また、自分が市場からどのくらいの評価を得られるのか気になる方は、MIIDASを使えばたったの5分で自分の市場価値(想定年収)が分かるので、利用してみてはいかがでしょうか?(もちろん無料です)

実際に利用してみた感想もまとめましたのでよろしければご覧ください。

↓↓↓↓↓